クレジットカードの審査基準

社会人になったのでそろそろクレジットカードを作ろうと思う。
誰にでもクレジットカードを作れるわけはなく、まず審査があるらしい。
クレジットカードの審査についてネット【http://www.chinafurnitureexpo.biz/】で調べてみると、まずお金の返済能力について確認される。
つまり、借主が継続的で安定した収入があるか判断されるようだ。
申込書でいうと、職業、勤務先、 雇用形態、勤続年数、年収などの項目がこれにあたる。
次に、クレジットの利用履歴について、確認される。
クレジット会社は、借入申込があると信用機関を通してクレジットの利用履歴を調査し、過去5年間の支払い遅延情報などについて確認されるそうだ。
最後に、資産について確認される。
自宅などの資産を所有している場合は担保となるため、審査上有利に働くようだ。
申込書でいうと、居住形態、居住年数がこれにあたる。
以上の3点をベースにクレジットカードの審査が行われるようである。
また、審査では、いろいろな項目を総合的に見るため、収入が低いからといって審査が通らないわけでは ないそうだ。
安定して返済する能力があれば、審査が通るケースは多くあるみたい。
さらに、カード会社によって審査の厳しさが違うようなので、いろいろなカード会社の審査をうけるのも大切だと考える。