愛車の査定額より高く売る方法

1980年にダイハツから発売された軽自動車ミラは、スズキのアルトと並んで人気の高い軽自動車でした。
年代モデルによるフロント部分は統一されていましたが、商業的に利用することができるウォークスルーバンを1985年に販売開始になった2代目、1990年の3代目に採用しており、現在でも愛用されている車種であります。
モデルチェンジは94年、98年、02年、06年に行われていて、現行販売されているのは06年にモデルチェンジした7代目ミラであります。
6代目ミラに比べるとコンパクトカーのようにボリュームのあるフォルムが採用されていているので、軽自動車ですが室内空間は広々しています。
室内空間は長さ2000㎜、幅1350㎜、高さ1265㎜、前後乗員距離が980㎜に設定されているため、軽自動車特有の後部座席の窮屈感がありません。
しかも最小回転半径が4.2mと、非常に小回りの利く車になっているので、女性が苦手とする車庫入れや縦列駐車がスムーズにできますね。
またミラは環境性能にも大変優秀な結果を残していて、ツインカムDVVT3気筒エンジンによって24.2㎞/Lの燃費消費率になっていまし、エコカー減税対象車でもあります。
そして他のミラシリーズに比べると値段が非常に安く設定されていて、2WDは86万円、4WDは99万7千円という低価格で設定されています。
しかし新車で購入するミラの場合、5速マニュアルしか用意されていないため、AT免許取得者の多い昨今では市場に流通する確率が年々減少している車体です。
話は変わりますが愛車を高く売りたい方はこちらのサイトが参考になります。