ハイジニーナ脱毛の形はどれが人気なのか

ハイジニーナ脱毛とは本来はvioゾーンを永久脱毛することを指します。とはいうものの、デリケートな部位ですし、体毛でおおわれている部分が丸見えになってしまうので、日本ではハイジニーナとは言っていてもある程度は体毛を残しておくのが主流です。体毛の濃さや量の多さといったその人の抱えている問題を解消する範囲内での脱毛に留めておく、ということになります。vioゾーンの体毛を多少残す場合に気になるのが、どのような形にしてもらうかということでしょう。いかにも脱毛をしたということが明確なものよりは、本来生えていた状態にも見える自然なものが支持される傾向にあります。日本では施術の際に最も多く依頼されるのは逆三角形です。本来の生え方に一番近いですし、vioゾーンを保護したり、見られたくない部分を隠すという、本来の役目を果たすために必要な分の体毛も残せます。オーバル型や卵型もそこまで人工的ではありませんし、全体的な形が曲線なのでやわらかく女性的な印象を与えるのでこちらも好まれる形です。最近人気が上がっている2フィンガー型と呼ばれるコンパクトな長方形のものは、海外でも好まれている大胆なビキニスタイル水着を着るのに適しています。