サロンとは違う、医療レーザー脱毛

エステサロンの光脱毛と、美容皮膚科などの医療機関で行われている医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する光を肌に照射することで、毛根の毛乳頭にダメージを与えることで発毛しにくくするという仕組みは同じです。違うのは、使われている機械の出力で、エステサロンでは法律上出力の強い機械を使うことはできません。ただ、その分肌へのダメージが少なく、料金も低価格になっているので、脱毛に対しての敷居は低くなっています。
一方、医療レーザー脱毛は出力が強いので医療機関でのみ使用することが可能です。つまり、強力な効果があるレーザー脱毛は医療行為に該当するということなのです。強いエネルギーを使っている分、こちらの方が痛みがありますが、医療機関のメリットとして麻酔を使うことで痛さを緩和できます。医療レーザー脱毛の大きなメリットは、医師の管理の下で有資格者が施術してくれるということと、永久脱毛が可能だということです。一回当たりの値段はこちらの方が高い傾向があるものの、その分短い回数で済むという要素もあります。定められた回数のお手入れを終えるころには、永久脱毛が完成しているので、手間のかかるムダ毛の処理から解放されます。