納得いかなかった引っ越し

私は何度も何度も引っ越しはありました。しかし、最初に入った会社の配属先により転勤ほど納得のいかない引っ越しはなかったです。
入社日は4月1日だったので、母も来てくれて様々な荷物を運びましたし、タクシーで大型ショッピング店に行き、家財用具などを買ったりして、一人暮らしが万全に行くようにとの母の親心を感じました。埼玉のさいたま市に寮がありましたから人事部長は「配属先で寮に入る必要性のある人間は、配属債の希望を最大限に尊重する」といったにもかかわらず「まだ入る場所が確定してないから荷物は最小限にしてくれ」といったとかいうんです。

そんなことを私は聞いておりませんでしたから「そんな話は聞いてない。ましてや東京で試験を受けたんだから東京採用だろ?」と思っていました。だからちゃんと荷物をまとめることもせず、会社側は業者に依頼し、私の配属先だった九州の福岡にただ送り届けてきたのです。その後、この会社はつぶれましたからいいんですが…しっかり約束を守れない会社は所詮その程度だなと思いました。

引越しをする時には、見積もりをしてもらうと思いますが、まずはどこの引越し業者にしていいのかわからない事が多いと思うので、一括サービスなどをしているインターネットのサイトから見積もりしてもらうのがいいかと思います。

普通に、ひとつずつに引越し業者に見積もりを頼むよりも、一括サイトで頼んだほうが安くなっていたという事もあるらしいので、やはり見積もりは大切です。また、来てもらった時には、できるだけ値段を安くしてもらえるように、他社の値段なども出しながら様子を見ながら、交渉していくのが大事かと思います。

【引用】http://www.citizenside-pros.com/